++ぐうたら日記++


2013年1月4日(金)の日記


レ・ミゼラブル
※※※ネタバレちょっと注意※※※

 思い出すなぁ・・・。初めて「レ・ミゼラブル」を観たのはいつだったでしょうか・・・とにかくオープニングの囚人達に鳥肌が立ち、エポニーヌの切ない歌に涙して、若き革命家たちのう歌声に感動し、ジャベールが身を投げるシーンで身震いをしたのを覚えています。

 そもそもミュージカルは大好きなので、楽しみにしていた作品です。思うところはあるものの、素晴らしかったのではないでしょうか。

 しかも、「オペラ座の・・・」と違い、エンディングロールまで、ちゃんとレ・ミゼラブルだったのもOKです。・・・ミュージカルなのに、エンディングだけ現代の歌っておかしくね?・・・まぁ、それはおいといて(笑)

 ジャン・バルジャンはウルヴァリンの人かぁ・・・ジャベールじゃないけど、どっかでお目にかかった事がある気がしてたんだよなぁ・・・そうですか、ウルヴァリンの人でしたか。

 今回で印象に残った歌声はファンティーヌでしょうか。もう可哀相で可哀相でしょうがない役ですが、今回は特に心に響いてきました。

 今年最初の映画に相応しいとてもよい作品でした。 
No.573


2013年1月の日記をすべて読む
No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(cf)DIARY version 3.12